ものづくり補助金

ものづくり補助金 ものづくり補助金

  • HOME
  • ものづくり補助金

ものづくり補助金を
ご検討の方へ
making

ものづくり補助金は、おもに製造業のお客様が利用しやすい補助金制度です。製造業だけでなくサービス業のお客様も申請することができます。埼玉県の行政書士法人リージョナルが、ものづくり補助金の概要や採択されるためのポイントなどをご紹介します。

ものづくり補助金(ものづくり・商業・
サービス生産性向上促進補助金)について

ものづくり補助金(ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金)について

ものづくり補助金は、革新的な新製品や新サービスの開発、生産プロセス改善などのための設備投資に対して活用できる補助金で、「一般型」と「グローバル展開型」があります。ほとんどの場合、一般型の申請で、採択率は約50%です。

※表は左右にスクロールして確認することができます

類型 概要
一般型 中小企業・小規模事業者を対象に、新製品や新サービスの開発、その生産方法改善につながる設備を導入するための費用を補助するもの
グローバル展開型 中小企業・小規模事業者を対象に、海外事業や海外拠点での活動の拡大、強化を目的として行う、新製品や新サービスの開発、その生産方法改善につながる設備を導入するための費用を補助するもの

補助金概要・募集期間

補助率と補助上限

新製品・サービス開発や生産プロセス改善等のための設備投資に対して交付されます。補助率は最大2/3、補助上限額は一般型で1,000万円、グローバル展開型で3,000万円です。

補助要件

申請には、次の要件を満たすような3~5年の事業計画を策定・実施する必要があります。

  • 付加価値額 年率平均3%以上増加
  • 給与支給総額 年率平均1.5%以上増加
  • 事業場内最低賃金 地域別最低賃金より30円以上
申請方法

申請方法は、インターネットを利用した「電子申請」となります。電子申請システムを利用するためには、事前に「gBizIDプライムアカウント」の取得が必要です。登録には2週間程度かかるので、早めの準備が必要になります。

募集期間については公式サイトをご確認ください。

「ものづくり補助金」
についてくわしくはこちら

弊社にご依頼
いただくメリット

不採択になりやすいポイント

不採択になりやすいポイント

財務状況から見て過剰投資と判断されたり、そもそも申請要件を満たしていなかったりすると不採択になりがちです。また、審査項目を網羅的に、そして明確に記載していないと不採択の可能性が高くなります。

実現可能性が低かったり、実現しても経済効果が弱いと見なされたりする計画も不採択になりやすいポイントです。また、老朽化した設備の入れ替えなどは競合優位性が生じていないと判断され、不採択となってしまいます。

採択されるために

採択されるために

採択されるためには、お客様の事業計画を審査員に分かりやすく伝えなければいけません。そのため図やグラフを効果的に使うなど、効果的な見せ方のノウハウも必要になります。とはいえ、見栄えのよい資料を作るだけで申請が通るような単純なものではありません。

もっとも重要なのは、計画内容をきちんと吟味することです。当社は綿密なヒアリングで、客観的な視点と適切なアドバイスを実施。お客様はお話するだけでかまいません。事業計画書を清書する必要はなく、私たちが論理的で現実的な採算を考慮した資料にまとめます。

当社は製造業のお客様の補助金サポート実績も豊富で、採択時にポイントとなる「競合優位性を獲得するための創意工夫」が得意です。申請はぜひおまかせください。

ものづくり補助金の
よくある質問

Q

過去、ものづくり補助金に採択されたことがありますが、申請できますか?

A

申請は可能ですが、類似の内容については採択を受けることはできません。ものづくり補助金の要件に、「革新的な試作品開発・生産プロセスの改善」という目的を満たす必要があるからです。このため、過去に採択を受けたことがある事業者様は、その内容と申請する事業との違いや、今回申請する取り組みの革新性を明確に記載しなければ、採択の可能性が低くなると考えられます。なお、応募締切日から過去3年以内に2回以上交付を受けた事業者は申請対象外です。また1回のみ交付を受けた場合も審査における減点対象となってしまう点にご注意ください。

Q

現時点では、今後実施される「ものづくり補助金」の公募要領が公表されていません。詳細が不明なので、公募開始前に準備することはできないでしょうか?

A

過去数年間、補助対象者や対象事業、審査項目などは大きく変わっていません。今年度の募集において多少変更点はあるかもしれませんが、準備がまったくムダにはならないと思われます。採択されるためには、革新性があり、他社がまねできない独自性、強みのある事業計画の策定が必要です。早めに準備にとりかかることをおすすめします。

Q

生産ラインの装置が老朽化したので買い替えを考えています。ものづくり補助金を活用することはできますか?

A

単に老朽化した機械のリプレースだけでは、申請が採択される可能性は低いと考えられます。新しい機械装置の導入によって、革新的な試作品開発や生産プロセスの改善につながる事業であれば採択の可能性があります。